施工例紹介

やさしい暮らし

キッチンのカップボードをダイニング側に広げたので、リビングダイニングは0.5帖狭くなりましたが、既存家具の配置を変えたことで動線が短くなり、すっきりとしました。
外装・内装・電気設備(分電盤やテレビ配線の交換・回路増設等)・照明器具など建物全体のリフォームをしたことでバリアフリーや断熱性能の向上、収納の充実なども出来ました。

  • AFTER
    着工するまで打合せを重ね、家具の配置や電気配線・照明計画まで詳細に決めましたので、仮住まいから戻られてからは戸惑われることなく新しい暮らしをスタートして頂けました。
    BEFORE
    キッチン4.0帖は作業スペースが狭く調理などがやりにくい。
    ダイニングはピアノやリビングボードなどがあり、テーブルに座っていると人が通りにくい。
    リビングは畳が4.5帖分敷き込まれており、その位置に合わせてシャンデリアが設置されているが地震があると心配。
    洗面室は内開きドアで勝手が良くない。
    浴室やトイレは段差が高く、年を重ねた時、心配。
    玄関や階段、浴室、トイレに手すりが無く、今後は必要と感じている。
  • AFTER
    ダイニング側にキッチンを広げたことで作業スペースにゆとりをもたせ、カップボードを新設することが出来ました。
    収納する物・量・使い勝手などを考慮して何度か変更をして決定しました。
    お料理や片づけがしやすくなったと喜んで頂きました。
    BEFORE
    キッチンは流し台、カウンター、食器棚、冷蔵庫、収納ストッカーと狭い。
  • AFTER
    断熱玄関ドアに交換しました。
    左手には造付の玄関収納を新設し、可動棚で収納する物に合わせて整理でき、収納しやすくなりました。
    右手には調質・消臭効果とデザイン性を兼ね備えたエコカラットプラスを貼って、手すりも新設しました。
    BEFORE
    傘や玄関収納に入りきらない靴があり、収納が足りませんでした。

VOICE

安心してこれからも暮らせるリフォームを要望しました
水廻りの老朽化に伴い、設備機器の交換をして段差を無くしたり、玄関・階段に手すりを付け、バリアフリーにしたい。
冬の寒さ・夏の暑さ対策として断熱性能を向上したい。
電気配線の老朽化が心配。
既設配線確認と専用回路増設等。
収納スペースを確保したい。
など、いろいろと気になることが多く、建替えも一時考えたが、間取りに大きく不満が無く、思い出もあるのでフルリフォームをすることにしました。
家族はもちろん、環境にもやさしい暮らしをご提案しました
33年前の暮らしを現在の暮らしへ。
これから先、家族が安心して暮らせる住まいになるように。
断熱性能の向上にはグラスウールを全て入れ替え、構造体の確認・必要に応じた補強・電気配線の新設・移設・一部交換、開口部は内窓を設置して二重窓にしました。
水廻りも全て交換しました。
洗面室は奥様と長女が洗面室で化粧できるようにすることと、洗濯して濡れた衣類を2階へ運ぶより2階で洗濯する方が負担がないのでランドリースペースを2階へ移動しました。収納の充実を図るため、ウォークインクロゼットをつくりました。
ページトップへ戻る