施工例紹介

マンションリフォーム工事

閉鎖的だったキッチンスペースを、開放感あるスペースへ

中古マンションをご購入後、入居前にリフォームを済ませたいと言う、ご要望に沿ってリフォーム工事のご提案をさせて頂きました。 リフォーム前はキッチンスペースが、リビングと対面式にはなっていましたが、キッチン上部に吊戸があり、リビングからキッチン内の様子が余り伺えない様な状況でした。今回のリフォームではキッチンを新設し吊戸は設置せず背面側にカップボードを設置し収納スペースを確保しました。

キッチンスペースをリビングと一体化し奥様がキッチンで孤立しないようにオープンなキッチンスペースにする事を心掛けご提案をしました。

また 洋室ではエアコンダクトが設置面とダクトの穴位置が遠くお部屋の中をまたぎ、エアコンの配管がむき出しになっていましたので、どうにか配管を隠せないかを考え、収納棚などを新設しその棚の裏側にフカシ壁を、造作する事でエアコンの感を隠ぺい配管とし、露出して目立っていた配管をうまく隠ぺい出来たと思います。

  • AFTER
    新設のキッチンです。人工大理石のシンク一体式隙間レスシンクです。白を基調に清潔感がありお客様にも喜んで頂けました。
    BEFORE
    既存キッチン上部には吊戸が設置されており、吊戸とキッチンの間にリビングと繋がる開口部がありましたが、開口部が狭くキッチンスペースが孤立しているイメージがありました。
  • AFTER
    リビングは今回の工事で、床の貼り替え(土間コンクリート直貼りLL45からLL45)へ貼り替えました。 クロスの貼り替え、照明器具の交換などを行いました。床・幅木をホワイト基調なものに貼り替えました。 2トーン位、お部屋が明るくなった感じがしました。
    BEFORE
    工事前のフローリングです。少し床にも傷が目立ち始め光沢も少なくなり、少し劣化が目につきましたので、今回の計画で貼り替えを行うことになりました。
  • AFTER
    エアコンの配管が露出配管になっていて、壁上部よりエアコンスリーブの穴まで約1mほどエアコンの配管が壁をはっており、配管が目立ち、お部屋としても使いにくい部分でしたが、今回の計画で配管を収納棚などの奥面に隠ぺいする事で、お部屋自体もすっきりして、収納箇所も増えて使いやすくなったと思います。
    BEFORE
    エアコンの配管が壁を露出で配管されており、お客様も気にされていました。配管出口を変える事は、構造上難しいので配管を隠蔽にする事を考えました。
ページトップへ戻る